富士山をのぞむまちで現代アートに触れる芸術祭、富士の山ビエンナーレ2018が、3回目の開催を迎えます。この機会に全国から静岡を訪れてくださるアートファンの皆さんにオススメしたいのが、芸術祭をよりディープに楽しめる滞在型イベント【みんなのnedocoプロジェクト】。私たち地元有志メンバーがホストをつとめる一夜限りの即席ゲストハウス「nedoco(ネドコ)」で、アートや地域のこと、語りませんか?

会場は、浮世絵でもおなじみ東海道の宿場町・蒲原の旧五十嵐邸。ビエンナーレの展示会場でもあり、昔ながらの町家を大正3年に洋風に改築したというユニークさで国の有形登録文化財にも指定されている建物が、この日限りのnedocoに。

さらに今回は、出展作家のカトウマキさん、メランカオリさんがゲスト参加。アーティストと共に作品鑑賞をし、蒲原の文化に触れ、お母さん達の美味しいご飯を食べ、アートを語る・・・そんな特別な2日間を体験したい方はぜひ!限定10名なので、お申し込みはお早めに!!

オープン日 11月17日(土)~18日(日) 定員 10名(最少催行人数5名)
住所アクセス 静岡県静岡市清水区蒲原三丁目23-3(JR新蒲原駅から徒歩7分)
参加費 4,000円(交流会費・朝食代・保険料等)
※布団の用意あります。
※移動代は含みません。
お風呂 順番に邸内の薪風呂に入ります。シャワーはありません。 タオル、着替え等はご準備ください。
夕食・朝食について 11/17 夜:アーティスト・地元の皆さん・スタッフとの交流会
11/18 朝:朝食あり
注意事項 チェックインからチェックアウトまで、団体行動になります。 相部屋(男女は別)です。
スケジュール ●17 日(土)
17:00 旧五十嵐邸に集合・アーティストと共に作品鑑賞
18:00 チェックイン・オリエンテーション
18:15 蒲原のまちなみを楽しむプログラム
19:30 交流会
21:00 入浴・就寝 ※スタッフが一緒に宿泊します●18 日(日)
06:30 起床・朝食
08:00 旧五十嵐邸をご案内
09:00 チェックアウト

お申し込みはこちらからどうぞ!

カテゴリー: