アーティスト >吉野祥太郎


吉野 祥太郎 / YOSHINO Shotaro

会場_三角地/富士川エリア >>


私は「土地の記憶」をテーマに作品を制作・発表している。メインの作品となる「地面を持ち上げる作品」は、そこに堆積した地層にその場所の記憶を重ね合わせ、それらの普段は見えないものを表出させることによってその場所に眠る記憶や出来事を改めて考えてみることを促す。作品を制作するにあたり、現地でのインタビューを大切にして様々な話を聞くことでその場所の記憶を整理していく。


https://www.sho-y.com/


1979 東京生まれ 東京都在住
2004 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
2005 東京造形大学美術学部彫刻専攻研究生
2007 東京造形大学美術研究領域 修士課程修了

主な個展
2020 「埃のように」SYP Gallery、東京
2019 「Time Clock」634展示室、東京
2016 「MEMORIES 」S.Y.P Art Space, 東京

主なグループ展
2019 「Fujinoyama Art Hub」静岡
2018 「Parallèle/oblique ECHANGEUR’22」 新井ビル、横浜
   「8 LAND ART FESTIWAL」Fundacja Latająca Ryba 、Bubel Granna、ポーランド
   「shimoumArt REVISITED curated by Dr. Albrecht Mai 」ASPLUND、東京
2017 「Spiral Take Art Collection 2017 蒐集衆商」Spiral Art Hall、東京
   「Gujing Nature and Art Biennale 2017」Guying Artist Village、 中国
   「中之条ビエンナーレ’17、’15、’07」群馬
   「LAND ART DELFT 2017」デルフト、オランダ
   「ECHANGEUR’22」アヴィニョン、フランス
   「Experimental Field Tokyo」Public Space in Tokyo, S.Y.P Art Space 、東京
   「いちはらアートxミックス」千葉
2016 「Zokei Next 50」3331Arts Chiyoda、東京
   「Japanese Contemporary Art Exhibition 」広州、中国
   「World Dirt Association, Dirt Stage」S.Y.P、 東京
2015 「Shibuya Eggs さよなら市庁舎」渋谷区役所、東京
   「水と土の芸術祭」(W.D.Aにて参加)新潟
   「W.D.A 」新潟
2015 「TAKASHIMA Artist in Residence vol.2」長崎
2014 「Urban Scenery Curated by Albrecht Mai」Creation Gallery、東京
   「JISOU + FUREAI Exhibition」茨城
   「東京で小須戸」S.Y.P、東京
   「水と土の芸術祭(小須戸アートプロジェクト)」新潟
   「“Draw”」S.Y.P、東京
2013 「Tokyo International Environment Art Forum 2013」韓国大使館文化院 、東京
   「”-Identity-” curated by Ko Maeda」長崎県美術館、長崎
2012 「瀬戸内国際芸術祭( Shodoshima Art Project )小豆島、香川
   「Jara Island Baggat Art Exhibition」Jala Island、韓国
2011 「Aesthetically Impressive Art Exhibition 」Soul Art Space, Seoul、韓国
2009 「NO MANS LAND」フランス大使館、東京
2008 「the East and East vol.2」上野の森美術館、東京