アーティスト >荒木由香里


荒木由香里 / ARAKI Yukari


1983 三重県生まれ、愛知県在住
2005 名古屋芸術大学美術学部造形科造形選択コース卒業
2006 同研究生修了

身の回りの既製品や色や空間や言葉や先入観、つまりはこの世にあるものなんでも素材にして います。「もの」や「空間」と対話するように立体やインスタレーションの作品を制作してい ます。 地球のように多様性を意識して多くの要素が共存するように、社会的な価値とは別に新たな視点や価値や本質を見出すきっかけとなる作品をいつも目指しています。

主な個展
2019 「荒木由香里展」ショコラトリータカス、愛知
   「昼間の星」佐久島、愛知
2018 「落ちた、羽スキップ。」アイン ソフ ディスパッチ、愛知
2017 「星を想う場所」佐久島、愛知
2016 「眼差しの重力」Loko gallery 、東京
2015 「F、その周辺。」アイン ソフ ディスパッチ、愛知
2014 「すべてのものの半分はイメージで出来ている。」アイン ソフ ディスパッチ、愛知
2013 「Existence」アイン ソフ ディスパッチ、愛知
2012  APMoA Project, ARCH vol.2 荒木由香里「何ものでもある何でもないもの」愛知県美術 館、愛知
   「Category」アイン ソフ ディスパッチ、愛知
2011 「Constellation」studio J 、大阪
   「あいちアートプログラム 星を想う場所」新谷海岸、弁天サロン、佐久島、 愛知
   「Epistemology」アイン ソフ ディスパッチ、愛知
2010 「circus」アイン ソフ ディスパッチ、愛知
2009 「waltz」studio J、大阪
2008 「Tiny tiny garden」足助病院、愛知
   「荒木由香里展」アイン ソフ ディスパッチ、愛知
   「海ヨリキタリテ」弁天サロン、佐久島 、愛知
2007 「荒木由香里展」アイン ソフ ディスパッチ、愛知

主なグループ展
2019 「ブレイク前夜」六本木ヒルズ AD ギャラリー 、東京
2018 「京都アートラウンジ」アンテルーム京都 、京都
   「船/橋 わたす 2018」奈良県立大学、奈良
2017 「International workshop “DRAWING” inHannover」Galerie Rode und Lanfer 、ドイツ
2016 「2015 年度魅力発信事業成果展 リフレクション」岐阜県現代陶芸美術館、岐阜
2015 「WABI SABI SHIMA」H18 gallery、ベルギー
   「三重の新世代 2015」三重県立美術館、三重
   「あいちアートプログラム 豊穣なるもの 現代美術 in 豊川」豊川信用金庫旧いなり支店 愛知
   「連茎する現代アート」名古屋市芸術創造センター、愛知
2014 「大ドイツ展」studio J、大阪
   「名古屋芸術大学 OBOG 展」Art & Design Center、愛知
2013 「溶ける魚-つづきの現実-」ギャラリーフロール、ギャラリーパルク、京都
   「The ART Museum」ミッドランドスクエア、愛知
   「女性アーティストたちの視点」阪急うめだ本店アートステージ、大阪
   「現代美術は今 -SEVEN TYPES 松坂屋名古屋店美術画廊、愛知
2012 「大イタリア展」studio J 、大阪
   「View」アートラボあいち、愛知
   「アートをおうちに持ち帰る。新しくて、楽しくて、温かい毎日が始まる。展」銀座三越画廊、東京
2011 「ヨッちゃんビエンナーレ 2011」de sign de 、大阪
2010 「群馬青年ビエンナーレ 2010」群馬県立近代美術館、群馬
   「NAVIGATION 庄司達退官記念展」文化のみち橦木館、愛知
   「あいちアートの森 佐久島プロジェクト 『佐久島・雛のまつり』」弁天サロン、愛知
2009 「眼差しと好奇心 vol.5」Soka Art Center、台北、台湾
   「アーツチャレンジ 2009」愛知芸術文化センター、愛知
   「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」十日町病院、やさしい家、新潟
   「VANTAN TOKYO」Galerie EOF、フランス
   「ヨッちゃんの部屋 vol.4 アトリエの音楽展」大阪造形センター、大阪
2008 「ASYAAF」ソウル旧駅舎、ソウル、韓国
2006 「ホームメイド」プラスギャラリー、愛知


http://yukariaraki.com/